読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のアラビア語勉強法

アラビア語についてのいろいろhttps://twitter.com/karinnhaha

夜更かしはもう出来ないよ

このごろ、4時に目覚まし時計をかけている。

 

 

 

だから今、

ちょっと眠い。

今、18時27分。

 

毎日、19時半になると寝支度する。

 

こんな生活を、もう何年しているだろう?

 

 

あまり、覚えていないが

 

きっかけは

 

朝2時起きで、なんでもできる!」枝廣 淳子 (著)

 

という本を読んでからだと思う。。。

 

 

 

 

「2時」というと、「朝」というイメージはないが

目覚めた時。。という意味で朝なのだろう。

夫が、突然仕事を辞めて

無職になったのは、もう7年前になる。

その時は彼は57歳で、再就職の口など

まったく見つからず、1年間、我が家は無収入だった。

そしてわずかな退職金で食いつないだ。

 

 

 

その頃だと思う、朝2時起きをしていたのは。

本に影響された私は

真夜中の2時に起きて

寒い中(北海道の夜中はいつも寒い)

本を読んだり、勉強したりしていたっけ。

 

 

早起きって

意外とはまるのは

電話や来客などに煩わされない時間を

確保できること。。。にある。

 

 

そのうちに

だんだん、「2時じゃなくても、4時くらいでいいんじゃない?」と

思うようになり

今の生活時間になっていった用に思う。

 

 

 

 

ただね、4時おきでも

生活に不便なことがある。

 

それは

たまに催される同窓会とかの飲み会。

 

 

こういうイベントに

めったに行かない私が

10年ぶりくらいで行った時、

9時になったらもう、眠くてだめだった。

 

結局、早々に引き上げてきた。

 

 

 

だから、夜の外出は出来なくなった。

 

 

そして

一番困ったのは1年に1回

イギリスから家に泊りにやってくる若い友人を迎える時。

 

めったに会えないので、せめて夜の10時までは

話していたい。

 

体が持てば徹夜でも

したいのだけど60歳目前の

私にはそれはあまりに無茶な挑戦だ。

そこで、せめて10時まで起きていられるように

1ヶ月前から

睡眠時間を少しずつ、ずらしていく。

結構、おおごとである。

 

 

 

夜更かしできないってことは

海外の友達と

スカイプするのも

時間あわせが難しいってことになる。

 

 

ただでさえ、時差が難しいのにもっと、大変になる。

 

 

 

 

人と付き合うには

早起き生活はいろいろ不便だけど

でも、朝陽を見られる気持ちよさって

何ものにも代えがたいだよね(^^)。